チャイナマップ中国地図

中国おもしろニュース集!今話題の中国を覗いてみよう!

ご意見、ご質問などはこちらからどうぞ。 当サイトはリンク自由です。かってにリンクしてね。

名前:
メール:
件名:
本文:

  • template by syokuyou-mogura
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/ --:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP  

  • MAP №9 好奇心旺盛な彼ら

    中国には好奇心旺盛な人が沢山いる。

    路上にて、交通事故が発生したら、周りに人だかり。
    さらに、責任追及のやり取りにも参戦。
    事故当事者は警察よりもギャラリーを味方につけたほうが有利。

    路上にて、喧嘩が発生したら、周りに人だかり。
    さらに、口論にも参戦。しかし、打撃戦になった場合には、ただ静観。
    ギャラリーたちによって、些細な事が、大きな揉め事に誘導される。

    病院にて、危篤状態の患者の付添い家族に、見知らぬ人が
    「どこが悪いの?どんな状況なの?危ないんじゃないの?大変ねー」と
    あまり心配する様子もなく質問攻め。
    そしてなぜか全ての質問に事細かに答える家族。。。

    好奇心旺盛な彼らの行動は、逆に我々の好奇心を誘う。


    PICT0131.jpg

    事故に群がる彼ら

スポンサーサイト

2006/05/31/ 18:19  / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

  • MAP №8 極楽茶

    中国には極楽茶がある。

    簡単に言うとケシの実のお茶だ。

    家庭菜園で自家栽培したケシの実をお茶に入れて出来上がり。

    主に田舎のおじいちゃん、おばあちゃんがこっそり飲んでいる。

    あら不思議、年であちこち痛んでいたのが、スッキリ。

    足腰の痛みで憂鬱だった老後生活が、活き活きと。

    こういう使い方ならありなのかもしれない。

2006/05/24/ 11:33 グルメ / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

  • MAP №7 成人保健屋

    中国には成人保健屋さんがある。

    日本で言うと、大人のおもちゃ屋さんです。

    表向きは性に関して閉鎖的な中国でも、皆さんけっこう利用しているようです。

    日本と変わらないぐらい浸透しているのではないでしょうか?

    そんなことより、不思議なのは
    大人のおもちゃ屋さんの店員です。

    「白衣のおばさん」

    医療品の一種という考えでしょうか?

    おかげでどの店も、寂れた病院のような暗い雰囲気が漂っています。
    そんな中お客さんは神妙な面持ちで、今夜の武器を選んでいます。

    200605170554_598107.jpg


    200605170554_598109.jpg

2006/05/23/ 12:05 ショップ / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

  • MAP №6 リバース虫下し薬

    中国には虫下し薬がある。(人間用)

    体内の回虫などの寄生虫を追い出すために服用する。

    虫下し薬を飲むと、
    薬の成分で虫たちは追いやられ下から排泄されて駆除完了となるはずだが、、、
    説明書には恐ろしい注意書きが、、、


    「稀に口から虫が出てくることがあります。」


2006/05/23/ 11:43 グルメ / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

  • MAP №5 ニセモノ鑑定

    中国には多くのニセモノブランド品がある。

    時計、カバン、靴、服、サングラス、アクセサリーなどなど

    これだけ蔓延していると、何を見てもニセモノに見えてしまう。
    中国で長く生活するとこのような症状に見舞われる。

    しかし
    ブランド品を身につけている人の、「振る舞い」、「容姿」、「雰囲気」によって、
    ごく稀に本物に見えることがある。

    日本では、「ブランド品+貴方」を評価してもらえるが
    中国では、ブランド品が「裸の貴方」を評価する。

    貴方もブランド品を身につけ、中国の街を歩いてみてはいかがですか?
    特に、全身ブランド品で固めているアナタ。

    ニセモノは本物を試す。

2006/05/20/ 10:38 グッズ / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

  • MAP №4 路上3分劇場

    中国各地の路上ではあらゆる3分劇場が行われている。

    主役は貴方。
    脇役は自転車に乗った青年2人。ちなみにこの2人は仲間です。そして貴方が道を歩いていると、
    突然、3分劇場の主役に抜擢されるのです。

    今回のストーリーは

    まず青年Aが貴方のすぐ横を自転車で追い抜きます。
    その際、貴方の目の前で現金の束を落とします。日本で言うと100万円の束といったところでしょう。
    そこで貴方の出番です。驚きのリアクションをとりましょう、そしてこのままネコババか?、
    気がつかず走り去っていく青年Aを呼び止めるか?と迷っているうちに、後ろから青年Bがきて、
    「静かに!彼には黙って私たちで分けませんか?」と貴方を誘惑するのです。
    そこで貴方の良心も、もろく崩れ去り即席共犯者の完成です。

    そして青年Bは
    「このお金は貴方が先に見つけたので、すべて貴方のものです。その代わり私には貴方の手持ちのお金でいいので下さい。」と提案をしてくるのです。

    貴方はこの急な展開と、目の前の札束を前に、このなんだかよくわからない提案を呑んでしまうでしょう。どう考えても「札束-貴方の財布の中身=プラス」のはずですから。そして札束を片手に、自分の財布から現金を取り出し青年Bへ。
    冷静に考えればその札束から数枚抜けばいいのですが、札束の前で冷静な判断ができません。
    もしも貴方がまだ冷静を保っていてその札束から抜いて青年Bに渡そうとしても
    「早くポケットに入れなさい!青年Aに見つかって感ずかれてしまいます!」と。

    貴方の財布からお金を受け取ると青年Bは足早に去って行き、
    貴方の手元には空の財布と
    ポケットの中の札束の表面の精巧な偽札1枚とおもちゃの様な偽札99枚が残るのです。この時点ではまだ貴方はニヤつきながらこの札束をどう使うか悩んでいることでしょう。
    そして物陰に隠れポケットの札束を確認し、ラストシーンを迎えます。

    機会があれば夢の主演をご堪能下さい。
    札束より重い良心をもって挑んでください。

2006/05/17/ 15:23 事件 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

  • MAP №3 演技派俳優

    中国主要都市の路上には多くの演技派俳優がいる。

    彼らはわざと髪の毛をボサボサにし、ボロボロの衣装を身にまとい公演を行う。
    特殊メイクを施し、どこからどう見ても貧しい物乞いにしか見えない。
    さすが演技派俳優だ。そして空き缶などを手に持ち、通行人からギャラを受け取る。

    彼らの演技があまりにも見事なので、多くの外国人は「かわいそうね」と
    ギャラを支払っていく。そのため彼らは外国人旅行客が多い舞台によく現れる。
    演技スタイルもさまざまだ。

    粘着系=通行人と平行して歩き、しつこくギャラをおねだりする。かなりの長時間粘るため、多くの人はこの鬱陶しさから逃れる為にギャラを支払う。他人に直接的に迷惑をかけるので俳優としては最低レベル。

    子役系=小さな子供を連れて、お茶の間の同情を誘う。また子供単独での場合もあり。
    子供にはついつい甘くなってしまう心理を活用し、ギャラは倍増。そのため、子役レンタル業者も存在。

    雑技系=柔らかい体を活かし、奇妙な体勢で注目を集める。体が不自由であるように見せている、らしいがどう見ても普通の人より器用。公演が終了すると奇妙な体勢をほどき、軽快に歩いて帰宅。どちらかというと芸人。

    ヤ○ザ系=縄張り内の店に押し入り「みかじめ料」としてギャラをいただく。ギャラを渡さなければ店舗内、もしくは店先でひたすら営業妨害を行う。本来みかじめ料とは用心棒代だが、彼らは何にもしないのでたちが悪い。

    仏像派=彼らこそが本物の演技派俳優。10年や20年の経験では出すことのできない本物の迫力。台詞もわずかな動きも必要ない。彼らはただじっと座って、一点を見つめ続けるだけ、それだけでギャラ(お賽銭)が集まる。強烈な存在感を漂わせるが、不快感は感じさせず、むしろ一種の安堵感を与えてくれる。見る者に、後光が差しているような錯覚を覚えさせる。

    このように様々な俳優が存在するが、その中の一部は、あなたより多くのギャラを稼いでいる。

    機会があればぜひ彼らの公演に足を運び、中国4000年芸能の極意をご堪能下さい。
    プライドにはそれなりの価値があるようで。

    030703.jpg


2006/05/17/ 13:49  / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

  • MAP №2 逆ネズミ小僧

    中国には逆ネズミ小僧がいる。

    逆ネズミ小僧は夜中にひっそりと駐車車両に忍び寄り
    車のナンバープレートを取り外しカバンの中へ。そして、ひっそりっと、、、は姿を消さない。
    まだやることが残っている。重要な作業だ。それは、、、

    自分の携帯電話の番号と短いメモをその車のフロントガラスに貼り付ける。

    後は家に帰って連絡を待つだけ。今日も逆ネズミ小僧の仕事は完璧だ。

    かなりの確立で連絡があり、次のような取引が成立する。
    1. 車の持ち主(被害者)は、逆ネズミ小僧にお金を振り込む。
    2. 逆ネズミ小僧は、お金を受け取り、被害者にナンバープレートを郵便で返却する。
    逆ネズミ小僧は被害者の弱みを握っているわけでもないし、脅迫めいた事もしない。穏やかに事は進む。

    機会があれば中国4000年商売の極意、お試しください。
    出れなくなっても知りません。

    そのメモの内容とは、、、














    ナンバープレートは預かった、返してほしければ100元を支払ってください。
    ちなみに警察署でのナンバープレート再発行手続きには250元かかります。
    私の電話番号は×××-××××です。


2006/05/16/ 18:00 事件 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

  • MAP №1 ジャンキーレストラン

    中国には「火鍋」という料理があり、大陸各地にそのレストランがある。
    「火鍋」とは肉や野菜などを鍋で煮ながら食べる、中国式鍋料理である。
    スープは激辛なものやあっさり風などがあり、具も「豚の脳みそ」から「白菜」までそろっている。


    初めは不味くもなく旨くもないと感じるであろう、しかしあなたはまた食べにいってしまう。
    そして自分でもなぜかわからないまま火鍋レストランの常連になってしまうのです。


    それは、スープの隠し調味料に「ケシの実」を使用しているから。(※ケシの実はアヘンの原料)


    強めの店ならば、食べた後に浮遊感を感じられるほど。
    そして今日もジャンキーレストランは、子供から老人まで、多くの人々で賑わう。


    お客さんの行列が長ければ長いほど、よく効くお店。
    機会があれば中国4000年グルメの旅に、いってらっしゃい。
    帰ってこれなくなっても知りません。

2006/05/16/ 16:17 グルメ / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。