チャイナマップ中国地図

中国おもしろニュース集!今話題の中国を覗いてみよう!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
ご意見、ご質問などはこちらからどうぞ。 当サイトはリンク自由です。かってにリンクしてね。

名前:
メール:
件名:
本文:

  • template by syokuyou-mogura

Entries.

  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/ --:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP  

  • 日本人はどうもスパイというものに疎い。
    007などの映画やテレビだけのことだと考えがちだが
    世界各地にスパイはたくさんいる。

    007のジェームスボンドが所属しているMI6というイギリスの諜報機関も、中国で見事にはめられた。

    hanitora.jpg
    今年1月、ブラウン首相が訪中した際、同行した側近の一人が中国人の美女と一夜をともにし、
    朝目覚めると公用の携帯端末が美女とともに消える“事件”が起きたからだという。
    完全に女性スパイの「ハニー・トラップ」にはめられた。

    この事件をうけて
    次期五輪開催国の首脳として北京五輪の閉会式に出席する首相をはじめ、閣僚や政府高官ら100人以上が最近、 訪中の際の心得としてスパイ被害に遭わないよう極秘の指導を受けたらしい。

    hanitora2.jpg
    彼ら曰く
    「北京ではスパイがうじゃうじゃ活動している」「常に尾行がついている」
    「誰も信用してはいけない」「プリペイド式携帯電話を持参して、帰国したらすぐに捨てる」

    ジェームスボンドばりのイギリス諜報員も引っかかるほどのハニートラップなら
    日本の政治家&官僚ならイチコロだな、きっと。

    中国関連の人気ブログはここ。
    中国の面白情報はFC2ブログランキングから。

2008/08/14/ 10:23 チャイナガール / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

走れない劉翔はただの○○? / HOME / 中国おもしろすぎ(笑)

管理者にだけ表示を許可する 

トラックバック

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。